ニュース

ソーシャルボンド(社会貢献債)への投資について

2018年6月
 
ソーシャルボンド(社会貢献債)への投資について
 
 
 新潟県労働金庫は、このたび、独立行政法人国際協力機構(以下「JICA」という)が発行するソーシャルボンド(社会貢献債)に投資したことをお知らせします。
 
 「ソーシャルボンド」とは、調達された資金が社会課題の解決に資する事業に充当され、資金使途や選定プロセス等に係る情報開示が十分に行われている債券です。
 
 JICAが発行する債券に投資された資金については、全額がJICAの実施する有償資金協力事業(円借款)に充てられ、開発途上国の社会課題を解決するため、主には大規模なインフラ整備事業や貧困削減、人材育成を目的としたプロジェクト等に活用されます。
 
 当金庫は、「人々が喜びをもって共生できる社会の実現に寄与する」ことを理念に掲げて事業を運営している福祉金融機関です。本投資が社会貢献事業への支援を果たしうる手法として、開発途上地域における持続可能な開発、日本および国際経済社会の健全な発展のために活用されることを期待しております。
 
 今後も、適切なリスク管理のもとで、ソーシャルボンド等への投資を通じ、福祉金融機関としての社会的責任・役割を十分に発揮してまいります。
 
 以 上 
 
本件に関するお問い合わせ先
新潟県労働金庫 財務部 
(担当:山口、牛丸)
TEL:025-223-8207