相続のお手続きについて

当金庫の相続のお手続きにつきまして、お手続きの流れや必要書類等をご案内します。

【お手続きの流れについて】

1.お手続のお申出

まずは、お電話またはご来店にて、お亡くなりになったお客様についてご連絡をお願いします。
今後のお手続きや、ご用意いただく書類についてご案内します。
お亡くなりになったお客さまの通帳・キャッシュカードなどのお取引内容がわかるものをご準備のうえ、ご連絡をお願いいたします。

【相続に関するお問合せ】

お亡くなりになった方の取引店舗または最寄りの店舗に
お電話またはご来店をお願いいたします。

店舗一覧はこちら

2.必要書類のご準備

お取引の内容やお申出時にお伺いした内容に基づき、お手続きに必要な書類をご案内させていただきます。
なお、相続の方法に応じた一般的な必要書類は、以下の選択肢からご確認いただけます。

※原則的な必要書類をご提示しておりますので、相続のご事情により必要書類が異なる場合や追加書類を提出いただく場合がございます。

Q1遺言書はありますか?

Q2遺言執行者が指定されていますか?
または選任する予定ですか?

Q2遺産分割の話し合いは完了しましたか?

Q3遺産分割協議書は作成されていますか?

結果遺言執行者がいる遺言相続

遺言書に遺言執行者の指定があるか、または家庭裁判所によって遺言執行者が選任されている場合、遺言執行者の方が代表して手続きを行い、遺言に従って相続される方(受遺者)に分割して受け取っていただく方法です。

結果遺言執行者がいない遺言相続

遺言書はあるが、遺言執行者が指定、選任されていない場合、相続人全員の合意で手続きを行い、遺言に従って相続される方(受遺者)に分割して受け取っていただく方法です。

結果遺産分割協議書のある協議分割

相続人全員で遺産分割協議をし、遺産分割協議書を作成したうえで、遺産分割協議書に記載のとおり分割して受け取っていただく方法です。

結果遺産分割協議書のない協議分割

相続人全員で遺産分割協議をして、遺産分割協議書を作成せず協議結果に従って分割して受け取っていただく方法です。

結果共同相続

遺産分割協議の前に、相続人全員の合意により一旦まとめて代表者が受け取り、その後分割していただく方法です。
他の相続財産を含む遺産分割協議が整う前でも手続きできます。
※あくまでも相続人全員の合意が得られている場合となります。

3.必要書類のご提出

必要書類のご準備が整いましたら、新潟ろうきん本支店までご提出ください。
公的書類等で原本の返却が必要な場合は、ご提出の際にお知らせください。
※相続のご事情により、ご案内以外の書類を追加でご提出いただく場合がございます。

4.相続預金のお支払等

ご提出いただいた書類を確認のうえ、通常約1週間程度で払戻・名義変更等のお手続きをさせていただきます。
※お取引の内容等により、通常以上の日数がかかる場合がございます。
※現金の払戻や貸金庫のお手続きの場合、再度ご来店いただく必要がございます。

≪お取引の一時停止について≫

相続のお申出以降、相続のお手続が完了するまで、被相続人様のお取引につきましては、以下のとおりお取扱いを一時停止させていただきます。

お取引内容 お取扱い
お引出・お預入 ○お取扱いできません。
口座振替 ○残高がある場合も、引落しができなくなります。
※お早めに、ご契約名義(引落口座)の変更をお願いいたします。
振込入金 ○振込依頼人に確認のうえ、口座へ入金または振込依頼人へ返却いたします。
※定期的な振込入金がある場合、入金口座の変更をお願いいたします。
国債・投資信託 ○新たなご購入はできません。
ローン ○新たなお借入はできません。
※既存のお借入がある場合、今後のお取扱いについて別途ご案内いたします。
貸金庫 ○相続手続を除き、お取扱いできません。

≪法定相続人について≫

相続人となる方は、民法により以下のように定められています。

配偶者 亡くなられた方の配偶者(戸籍法に基づく婚姻の届け出をした方に限ります)は常に相続人となります。
第1順位の相続人 亡くなられた方のお子さまは第1順位の相続人となります。
第2順位の相続人 亡くなられた方の直系尊属(父母、祖父母など)は、第1順位の相続人およびその代襲相続人(※)がいない場合に限り、相続人となります。
第3順位の相続人 亡くなられた方のご兄弟・ご姉妹は、第1順位の相続人およびその代襲相続人・第2順位の相続人がいない場合に限り、相続人となります。

※法定相続人になるべきお子さまやご兄弟・ご姉妹が先に亡くなられている場合、その亡くなられた方のお子さま、またはご兄弟・ご姉妹のお子さまが代襲相続人となります。